スポンサーリンク

スカーレット第57話ネタバレ感想!付き合ってくださいと告白

連続ドラマ

12月4日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第57話が放送されました。
 
 
東京で働く直子から川原家に電報が届く。3通に渡る内容は切実なもので、喜美子や常治は気が気でない。家族会議の結果、元・居候の草間に頼んで、直子を連れ戻すことに。その後、喜美子は絵付けをしつつも、湧き上がる陶芸への思いを抑えきれない。八郎を訪ねて、陶芸を学ばせてほしいと頼み込む。すると意外な答えが。
 
 
この記事では、12月4日放送の第57話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

喜美子は、十代田が教えてくれた陶芸の工程を興味深く聞いていた。
 
そして、十代田とは冗談を言いあえる仲にもなった。
 
ところが、十代田は信作とはもっと親しく、愛称で呼び合うほどの仲だと知った。
 
喜美子は帰りに信作の家に行き、自分も飲み会に呼んで欲しいと伝えた。
 
いっぽう信作は貴美子の家で集団見合いの話をしてきた帰りだと言い、喜美子も参加するよう勧めた。
 
 
 
遅い時間に帰宅した自宅は、なにか険しい雰囲気だった。
 
集団見合いを引き受けないためだと早合点した貴美子は、つい参加すると言ってしまった。
 
しかし、家族の表情が固かったのはそのせいではなかった。
 
直子から、切実な内容の電報がはいっていたため、マツが東京へ行くと言い出したからだ。
 
常治は、喜美子にマツを止めてくれと言う。
 
 
 
しかし、それは置いといて貴美子の集団見合いは決まった。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第57話のネタバレあらすじ

直子の電報のために、川原家は大騒動となった。
 
なにしろ事情がわからないのだ。
 
常治は直子が、カネが欲しくて電報を打ったと言う。
 
以前、直子がカネを送れと言ってきたのに送らなかったからこんな電報を打って小芝居をするようになったのだと断言する。
 
常治がそう言うと、マツと貴美子が目を伏せる。
 
その様子を見て常治が疑う。
 
もう一度念押しをする。
 
カネを送るなと言ったとはずだと。
 
仕方なく貴美子が白状した。
 
一度だけ送ったと。
 
しかし、一度ではなかった。
 
マツは6回も送っていたと言うのだ。
 
常治は激怒した。
 
喜美子が今はそんなことで争っている場合ではないとばかりに仲裁に入った。
 
そして、会社に電話したらどうか、寮に電話したらどうか、と提案した。
 
しかし常治は、退勤時間はとっくに過ぎているし、寮の電話の受付時間も過ぎていると言った。
 
マツは自分が見に行くと言った。
 
喜美子はマツが行くのはもっと心配だと言い、引き留めた。
 
 
 
しばし沈黙が流れた。
 
東京、ということで貴美子にある考えが浮かんだ。
 
喜美子は、宗一郎に様子を見に行ってもらったらどうかと言った。
 
常治が体面を気にして反対した。
 
しかし、喜美子は川原家として頼むのではなく、自分が勝手にしたことにすると言い常治を説き伏せた。
 
常治も、マツが右も左も分からない東京に行くよりずっとましだと考えたのだろう。
 
しぶしぶ、承諾した。
 
 
 
翌朝、大野雑貨店から貴美子が電話すると、宗一郎は快く請け負ってくれた。
 
信作が代わってくれと身振りをしたが、喜美子がそれに気づいたときには挨拶が終わったあとだった。
 
信作が大声で貴美子に抗議した。
 
そこへ、陽子があとで電話すればいいと信作に言い、喜美子に飲み物を差し出した。
 
喜美子はお茶かと思い飲んだが、なんとコーヒーだった。
 
忠信が、奥から大工らしき人物を連れて来た。
 
カウンターの位置がどうのこうので、忠信と陽子がもめている。
 
わけがわからない喜美子は、身振りで信作にどういうことか聞く。
 
信作は身振りで答えるが、伝わらない。
 
テレビの影響でジェスチャーが流行っているようだ。
 
 
 
信作の出勤の準備が整い、ふたりになると喜美子がなぜ喫茶店を始めるのかと聞いた。
 
信作は駅前に大きな雑貨店ができて、お客がそっちへ行くようになったからだと答えた。
 
信作は、このあたりに喫茶店はないから良いのではないかと言った。
 
喜美子は、新しいことを始めるのだと不安そうに言った。
 
信作は、この町が大きく変化していくと答えた。
 
喜美子の会社に注文が減ってきているだろうと言った。
 
喜美子もそれは知っていた。
 
実は、信作が企画した集団見合いもそんな町おこしのためでもあった。
 
 
 
その晩、喜美子が絵付けの練習をしていると、マツがのぞきに来た。
 
マツは、宗一郎に頼んでくれたことを感謝した。
 
良く考えてみると、マツや常治が行くと、直子が意地を張り感情的になるかも知れないからだ。
 
宗一郎になら直子も素直になれるのではないかと貴美子も言った。
 
喜美子は意を決しマツに陶芸をしたいと打ち明けた。
 
これから朝と晩、勉強させてもらおうと思っていると話した。
 
絵付けが今後どうなるか分からないので、新しいことに挑戦したいと言った。
 
マツは、どうせ手がかかるのは常治だけだからとささやき、喜美子の願いを承諾した。
 
 
 
十代田は出勤すると、昨日貴美子に造ってみせた人形を見つめた。
 
そしてため息をついて、作業の準備にかかった。
 
そこへ、喜美子が挨拶をしながら入ってきて、驚いたことに、毎日作業を見せて欲しいと言った。
 
十代田は、社内で変な噂になったら困るから、ときっぱり断った。
 
言い争いになった。 
 
十代田と貴美子の関係は男と女なのかということで。
 
喜美子は、付き合えばいいだろうと言った。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第57話の感想

喜美子、軽く言ってしまいましたね。
 
たぶん喜美子自身は、恋愛は二の次のつもり(?)なのでしょうが、十代田は貴美子を意識しているようです。
 
それが、喜美子が好きだからそうなのか、あるいは他の女性と関係があるのかは分かりませんが。
 
この先、簡単にはいかないようですね。
 
陶芸も恋愛も。
 
だいいち、大量生産の会社で独立前提で陶芸をしていることだけでも寛容なのに、恋愛がらみとなると敏春もゆるさないでしょう。
 
公私混同になるからと言って。
 
 
 
十代田は男女間のことを真面目に考えているようですが、なぜ集団見合いをするのでしょうか?
 
信作への義理立てでしょうか?
 
十代田の他の2つの夢同様、何か訳ありのようですね。
 
 
 
マツは、常治だけが問題だといいましたが、直子のこともありますね。
 
いったい、どうしたのでしょう。
 
宗一郎があいだに入ってくれるのなら心強いのですが・・・

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました