STAFF

監督 石井 隆

石井 隆 監督

1946年7月11日、宮城県出身。映画監督を目指して早稲田大学映画研究会に入るために早大商学部に入学、在学中に監督助手のバイトでダイニチの現場で映画を体験するも、諸般の事情で断念、卒業後、劇画家デビュー。『天使のはらわた』(77)が大ヒットし、78年から日活ロマンポルノにてシリーズ映画化され、原作者・脚本家として映画の現場に舞い戻り、88年、『天使のはらわた 赤い眩暈』で監督デビュー。大竹しのぶ、永瀬正敏、室田日出男出演『死んでもいい』(92)では、第33回テッサロニキ国際映画祭最優秀監督賞受賞、第10回トリノ国際映画祭審査員特別賞など国内外映画賞多数受賞、『ヌードの夜』(93)ではサンダンス・フィルム・フェスティバル・イン・トーキョー'94グランプリなどを受賞。前作『GONIN』(95)はロカルノ国際映画祭、トリノ国際映画祭など数々の映画祭に出品され国内は勿論、海外でも非常に高い評価を受ける。他主な映画監督作品に『夜がまた来る』(94)、『GONIN2』(96)、『黒の天使 シリーズ』(98・99)、『フリーズ・ミー』(00)、『花と蛇』(04)、『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07)、『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』(10)など。13年は『フィギュアなあなた』、『甘い鞭』2本を監督し、本作が最新作となる。

石井 隆 監督 フィルモグラフィ(受賞、招待上映は主なもの)

『天使のはらわた・赤い眩暈』’88年5月14日
出演/竹中直人 桂木麻也子 監督デビュー作

『死んでもいい』‘92年10月10日公開
出演/大竹しのぶ 永瀬正敏 室田日出男
《受賞》
★33回ギリシャテッサロニキ国際映画祭最優秀監督賞
★第10回トリノ国際映画祭審査員特別賞(準グランプリ)
★キネマ旬報最優秀脚本賞(=石井隆)
★キネマ旬報主演女優賞(=大竹しのぶ)
★毎日映画コンクール田中絹代賞(=大竹しのぶ)
★おおさか映画祭主演女優賞(=大竹しのぶ)
★ブルーリボン助演男優賞(=室田日出男)
★ヨコハマ映画祭助演男優賞(=室田日出男)
★毎日映画コンクール最優秀録音賞(=本田孜)
★ヨコハマ映画祭最優秀撮影賞(佐々木原保志)
★おおさか映画祭撮影賞(佐々木原保志)
★高崎映画祭主演男優賞(=永瀬正敏)
●1992年キネマ旬報ベストテン第5位
●第18回おおさか映画祭ベストテン第4位
●第14回ヨコハマ映画祭ベストテン第4位
●ニューヨーク国際映画祭正式招待作品
●第5回東京国際映画祭(1992)正式招待

『ヌードの夜』'93年12月18日公開
出演/竹中直人 余貴美子 椎名桔平 根津甚八
《受賞》公開日の関係で受賞対象が93年度公開と94年度公開に分散。
★サンダンス・フィルム・フェスティバル・イン・トーキョー'94グランプリ
★第9回('95年度)高崎映画祭最優秀作品賞
★高崎映画祭最優秀新人男優賞(椎名桔平)
★’94年/17回日本アカデミー賞優秀編集賞(=川島章正)
●1993年キネマ旬報ベストテン第9位
●東京国際ファンタスティック映画祭'93出展

『天使のはらわた・赤い閃光』'94年9月10日
出演/川上麻衣子 速水典子 根津甚八
《受賞》
★第16回ヨコハマ映画祭最優秀撮影賞(=笠松則通)

『夜がまた来る』'94年10月22日公開
出演/夏川結衣 寺田農 根津甚八
《受賞》
★ヨコハマ映画祭最優秀新人女優賞(=夏川結衣)
★同最優秀撮影賞(=笠松則通)
●第16回ヨコハマ映画祭ベストテン第10位

『GONIN』 '95年9月23日公開
出演/佐藤浩市 本木雅弘 竹中直人 根津甚八 椎名桔平 木村一八
鶴見辰吾 永島敏行 ビートたけし
《受賞》
★’96年/19回日本アカデミー賞 優秀編集賞(=川島章正)
★第10回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(=佐藤浩市)
●第17回ヨコハマ映画祭ベストテン第5位
●ロカルノ国際映画祭、トリノ国際映画祭、エイテボリ国際映画祭、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、 以上正式招待
●モントリオールFANTASIA映画祭“石井隆特集”招待上映

『GONIN 2』'96年6月26日
出演/緒形拳 大竹しのぶ 喜多嶋舞 夏川結衣 西山由海 余貴美子 永島敏行 鶴見辰吾 多岐川裕美
《受賞》
●ロカルノ映画祭正式招待作品
●モントリオールFANTASIA映画祭“石井隆特集”招待上映

『黒の天使 vol.1』'98年5月30日公開
出演/葉月里緒菜 根津甚八 椎名桔平 高島礼子

『黒の天使 vol.2』'99年11月13日公開
出演/天海祐希 大和武士 片岡礼子 鶴見辰吾
●ロッテルダム国際映画祭正式招待
●モントリオールFANTASIA国際映画祭正式招待
●第11回東京国際映画祭“シネマプリズム部門”上映

『花と蛇』'04年 3月13日公開
出演/杉本彩 野村宏伸 遠藤憲一 伊藤洋三郎 石橋蓮司
●ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2004
 フォーラム部門・ワールドプレミア上映2004/02/20
●バンクーバー国際映画祭 2004/9/23−10/8
 "Dragons & Tigers"部門招待作品

『花と蛇2 パリ/静子』'05年5月14日公開
出演/杉本彩 遠藤憲一 不二子 伊藤洋三郎 宍戸錠

『人が人を愛することのどうしようもなさ』'07年9月8日公開
出演/喜多嶋舞 津田寛治 永島敏行 美景 竹中直人
●ロッテルダム国際映画祭 正式招待作品
●第29回ヨコハマ映画祭ベストテン第8位
●2007年度朝日ベストテン映画 第10位

『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』
'10年10月2日公開出演/竹中直人 佐藤寛子 東風真智子 井上晴美 
宍戸錠/大竹しのぶ
《受賞》
★ヨコハマ映画祭最優秀新人女優賞(=佐藤寛子)
●第32回ヨコハマ映画祭ベストテン第8位
●2010年キネマ旬報ベストテン第10位

『フィギュアなあなた』 ’13年6/15日公開
出演/柄本佑 佐々木心音 風間ルミ 桜木梨奈 間宮夕
壇蜜 伊藤洋三郎 山口祥行 飯島大介/
竹中直人
●モントリオール・ファンタジア映画祭プレミア上映
●プチョン国際ファンタジア映画祭プレミア上映

『甘い鞭』 ’13年9/21日公開
出演/壇蜜 間宮夕貴 中野剛
屋敷紘子 中山峻 諏訪太郎 光山文章 クラ 伊藤洋三郎 中島ひろこ 竹中直人
★日本アカデミー賞新人女優賞(=壇蜜)

二宮直彦 プロデューサー

1979年生まれ。神奈川県出身。
2005年角川エンタテインメント入社。DVD営業・映像コンテンツ制作の後、映画製作に携わる。手掛けた主な作品に『体脂肪計タニタの社員食堂』(13/李闘士男監督)、『Zアイランド』(15/品川ヒロシ監督)がある。

阿知波 孝 プロデューサー

1967年生まれ。岐阜県出身。
『GONIN』(95/石井隆監督)、『蝉祭りの島』(00/横山浩幸監督)、『連弾』(01/竹中直人監督)などの作品の助監督を務める。以降、石井隆監督作品を中心に『TOKYO G.P.』(01)、『花と蛇2 パリ 静子』(05)の助監督、『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07)、『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』(10)、『フィギュアなあなた』(13)、『甘い鞭』(13)などのプロデュースを行う。

佐々木原 保志 撮影

1950年生まれ。北海道出身。
1970年「日活撮影所」に契約入社。独立後の82年『ISAMI』で撮影監督デビュー。以降、多数の映画作品に参加しながら2002年より「日本映画撮影監督協会」の副理事長を務める。また、2005年には「大阪芸術大学」映像学科の教授に就任。石井組での撮影作品として、『天使のはらわた 赤い眩暈』(88)、『死んでもいい』(92)、『ヌードの夜』(93)、『GONIN』(95)、『GONIN2』(96)、『フリーズ・ミー』(00)、『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07)、『フィギュアなあなた』(13)、『甘い鞭』(13)がある。

山本圭昭 撮影

1969年生まれ。滋賀県出身。
石井監督作品『GONIN』(95)、『GONIN2』(96)、『フリーズ・ミー』(00)では撮影助手を、撮影担当としては、『フィギュアなあなた』(13)、『甘い鞭』(13)に続き、3作品目の参加となる。その他の作品に撮影を担当した『しあわせカモン』(13/中村大哉監督)、Bキャメラ担当「アンフェア ‐the END‐」(15/佐藤嗣麻子監督)等がある。

祷 宮信 照明

1958年生まれ。鹿児島県出身。
照明技師として、『RAINBOW』(99/熊澤尚人監督)、『タイムレス・メロディ』(00/奥原浩志監督)、『LOVE/JUICE』(00/新藤風監督)、『閉じる日』(00/行定勲監督)、『IKKA:一和(いっか)』(02/川合晃監督)、『8月のクリスマス』(05/長崎俊一監督)、『転がれ!たま子』(05/新藤風監督)、『チーム・バチスタの栄光』(08/中村義洋監督)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09/中村義洋監督)、『ハナミズキ』(10/土井裕泰監督)、『プリンの味』(13/畑中大輔監督)、『日本の悲劇』(13/小林政広監督)、などに参加。石井隆監督作品への参加は『フィギュアなあなた』(13)、『甘い鞭』(13)がある。

鈴木隆之 美術

1969年生まれ。岩手県出身。
『ミンボーの女』(92/伊丹十三監督)、『KAMIKAZE TAXI』(95/原田眞人監督)、『三たびの海峡』(95/神山征二郎監督)、『春との旅』(10/小林政広監督)などの作品の美術担当を経て、現在は映画美術・セットデザイナーとして活躍。石井隆監督作品へは多数参加しており、『ヌードの夜』(93)、『GONIN』(95)、 『GONIN2』(96)、『黒の天使 Vol.1』(98)、『黒の天使 Vol.2』(99)、『フリーズ・ミー』(00)、『花と蛇』(04)、『花と蛇2 パリ 静子』(05)、『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07)、『フィギュアなあなた』(13)、『甘い鞭』(13)がある。

郡 弘道 録音

録音技師として、『右向け左!自衛隊へ行こう』(95/冨永憲治監督)、『WiLd LIFe』(97/青山真治監督)、『がんばっていきまっしょい』(98/磯村一路監督)、『SHADY GROVE』(99/青山真治監督)、『カオス』(00/中田秀夫監督)、『アカルイミライ』(03/黒沢清監督)、『リンダ リンダ リンダ』(05/山下敦弘監督)、『椿山課長の七日間』(06/河野圭太監督)、『フリージア』(07/熊切和嘉監督)、『デトロイト・メタル・シティ』(08/李闘士男監督)、『沈まぬ太陽』(09/若松節朗監督)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、『ロボジー』(12/矢口史靖監督)、『晴天の霹靂』(14/劇団ひとり監督)、『舞妓はレディ』(14/周防正行監督)などの作品への参加がある。

安川午朗 音楽

愛知県生まれ、長野県育ち。
東京芸術大学作曲科在学中からスタジオ・ミュージシャンとして活動。石井隆監督との出会い以降、石井組のほぼ全ての楽曲を担当。2012年『八日目の蝉』(成島出監督)で第35回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を、翌13年『凶悪』(白石和彌監督)で第68回毎日映画コンクール音楽賞を受賞。15年には再び、『ふしぎな岬の物語』(成島出監督)で第38回日本アカデミー賞最優秀音楽賞にノミネートされている。映画、テレビをはじめ多数の映像音楽作品の作曲、アレンジを手掛ける。近年楽曲を担当した作品に、『白ゆき姫殺人事件』(14/中村義洋監督)、『ソロモンの偽証』(15/成島出監督)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15/瀬々敬久監督)、などがある。